新型CX-5発売開始へ!売れ筋グレード&カラーと売れ行き・予約販売台数はどれくらいなの??

新型CX-5発売開始へ!売れ筋グレード&カラーと売れ行き・予約販売台数はどれくらいなの??
マツダCX-5がフルモデルチェンジへ!2017年はSUVフルモデルチェンジ戦国時代へ突入だな!

2/7追記!!

新型CX-5の売れ行きは、何と・・・予約販売だけで9000台オーバー!!

圧倒的な売れ行きビビってます笑。。マツダの月間販売目標が、2400台と言われている中・・・9000台って。。。

売れ筋の人気グレードや人気カラーを見ていきましょう!

新型CX-5の売れ行き・販売台数に圧巻!!

大人気になっています。。。

その証拠が、予約販売台数で9000台オーバーって!!凄すぎ。。

ちなみにトヨタC-HRの1月販売台数は、

  • 9144台※自動連発表数字

長い期間アレだけ話題になったC-HRに、迫るほどの勢いで売れまくってます!!

販売台数が多いコンパクトSUV車との比較だから、新型CX-5の売れ行きの凄さが分かるよね~!!!
スポンサーリンク

売れ筋のグレードはやっぱり・・

売れ筋のグレードは、販売台数の約半分が・・・

  • LPackage!!

やっぱりといった印象しかありません。

おすすめグレードの記事でも、絶対LPackage宣言していましたから笑

新型CX-5おすすめグレード

次に売れ筋人気カラーを見ていきましょう!

売れ筋人気カラーもやっぱり・・・

売れ筋人気カラーはもちろん

  • ソウルレッドクリスタルメタリック!

CX-5リア

まあマツダといえば・・赤!!そしてかっこいいじゃないか!!!!!

新型CX-5の評価

売れ筋人気カラーはマシーングレープレミアムメタリック!

次に人気カラーが、CARVLがおすすめカラーとしておしていたディープクリスタルブルーマイカではなく笑

  • マシーングレープレミアムメタリック!!

新型CX-5マシーングレープレミアムメタリック画像

ふむふむ。ソウルレッドクリスタルメタリックでは被りやすから、個性派はマシーングレープレミアムメタリックって事か。。

新型CX-5のカラーバリエーション

ぐーーーんとシックで大人の雰囲気を醸し出していますね!これは売れ筋人気カラーになるわ!!

スポンサーリンク

SUV市場に新たな勢力図争いが勃発するのか?

ここ最近では、新車販売台数ランキングに顔を出せていなかったマツダSUV車達。。

新型CX-5の登場で、新たにSUV市場に旋風を巻き起こす事が出来るのか?

予約販売台数を見れば、強力な存在感を放っているのが分かりますね!

そして、

マイナーチェンジを2017/11に予定している新型CX-3も控える中、マツダの巻き返しに2017年は注目です!!

関連記事

スポンサーリンク

新型CX-5のフルモデルチェンジまでの歴史

福之助

まずは気になるのがエクステリアデザインでしょうよ!個人的にフロントデザインにちょっと不満があったCX-5。アテンザほどのスタイリッシュさが無かったから今回フルモデルチェンジで期待しているよ!

はい!スパイショットも含めて画像が流出しだしています!まずは御覧ください!
出典http://www.autoexpress.co.uk/
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像

福之助

こういう画像が一番興奮するよね!!

続けてスパイショット
出典http://www.autoexpress.co.uk/
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像
CX-5フルモデルチェンジ2017画像

福之助

ガラッと変わるようなエクステリアデザインの変更は無いみたいだね!細部の調整によって、CX-5らしさを残しながら、より洗練されたデザインに進化させていった感じかな!?フロントもいいじゃない

今回のCX-5フルモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更はしていませんね。ボディーサイズは現行モデルよりちょい大きくなる。インテリア画像の情報などはまだありませんが、装備、性能面でマツダが考えるネクストステージに突入するのが2017年CX-5のフルモデルチェンジなのです!

新型CX-5のコックピット・インパネデザインはどうよ!?運転席周りの収納や小物入れは充実しているのか動画でチェック!?

“車の質”にこだわるフルモデルチェンジ!

福之助

マツダは”質”だけから若い世代にもウケる”魅せる”メーカーへと近年躍進したというイメージを持っている人も多いんじゃない!?最近のマツダの車はかっこいいね!って若い世代から聞こえてくよ。

しかし!!マツダは本来持っている”車の質”を向上させるフルモデルチェンジをCX-5で狙っているのです!!
ハイブリッド+ディーゼルターボ!?安全性能i-Acibsense搭載!SKYACTIV2エンジンで走行性能UP!ライバルのトヨタ・スバル・HONDAとの熾烈なSUV覇権争いに、隙きのないCX-5へと進化さていくフルモデルチェンジ!新たに追加&進化する予想ポイントをまとめていきましょう!

CX-5は走行性能と安全性能のフルモデルチェンジへ

G-ベクタリング コントロール

安全性能&走行性能の向上として採用されるG-ベクタリング コントロール!ややこしいこと言っても意味ないので、画像でどうぞ

G-ベクタリング コントロール

引用http://www.mazda.co.jp/

福之助

安全性能ってどのメーカーも一緒くらいじゃないの?簡単にG-ベクタリング コントロールってやつを教えてくれよ!

とにかくドライビングが快適になるよって話!マツダが公式に説明しているので興味がある方はどうぞ

「G-ベクタリング コントロール 」とは
SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS の第一弾、それが「G-ベクタリング コントロール(G-Vectoring Control、以下GVC)」。マツダはこれまでも、「人馬一体」の走りに欠かせない減速・旋回・加速といった車両運動の連係性、すなわち「なめらかなG(加速度)のつながり」を追求してきました。これを「ダイナミクス性能の統一感」と呼び、ブレーキ・ハンドル・アクセルなどの操作感や応答性に一貫性を持たせることで、人が運転しやすい車両特性を実現してきました。GVCは、マツダがこれまで取り組んできた「統一感」をさらに進化させるため、「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と、人間中心の開発思想に基づいて開発されました。機械の効率のみを考えて制御するのではなく、「人間を中心に、人間の特性に基づいてクルマがどうあるべきかを考える」という開発哲学に基づいて、より多くの人に「なめらかなGのつながり」を提供します。引用http://www.mazda.co.jp/

後は安全性能の追加がこれi-ACTIVSENSE

安全性能では、スバルアイサイト&トヨタセーフティーセンスPが先頭を走っている現状にマツダも黙ってはいません。安全性能が車選びの重要なファクターとなっている今、マツダの技術を見せつける追加機能になっているのではないでしょうか。

マツダはその先を考えている!爆発的ヒットを狙うための重要なファクターは?

福之助

これだけ各メーカーSUV者を乱発しているけど、爆発的にヒットするメーカーーと売れないメーカーの違いって何なんだろう!?

SUVはかっこいいだけでいい時代から、燃費・安全性能・走行性能のと求められる期待が大きくなってきました。各メーカーがこぞって最新技術をSUV者に投入しだし、装備面などは充実したものになっていくでしょう。しかし、その先に爆発的に人気が出るような要素って何だろうって考えているのがマツダなのです。

マツダはクリーンディーゼル&ハイブリッドの融合によって燃費40km/Lを近々達成するでしょう。これはもちろん爆発的に人気が出る1つの要因だと思います。

しかしユーザーの声や街の声を聞くと、【マツダの質】なんですね結局は。マツダの車はデザイン・性能ともに仕事の質が高いってみんなそう言うのです。

今回のCX-5フルモデルチェンジでも、マツダの車作りへの気持ちを感じられるCX-5ならば爆発的ヒットは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最高ランクのグレードに乗りませんか?

福之助
僕の愛車は現在どのくらいの価値があるの!?いい値段で売れるのだったら買い替えも検討出来るのになって思って。でも中古車ディーラーさんに行くのはめんどくさいんだよね!教えてよ
 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハリアーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク



コメント0
CATEGORY :
TAG :

*