2017新型アウトランダーPHEVの見積もりをしてみた|ロックフォードのオーディオとオプションのAC電源は必須!?

2017新型アウトランダーPHEVの見積もりをしてみた|ロックフォードのオーディオとオプションのAC電源は必須!?

今回は2017新型アウトランダーPHEVの見積もりをしてみたいと思います!

PHEVとしてのカーライフを楽しむためにはどんなオプション、アクセサリーをつけるべきなのか・・・悩むところは多そうですが。。。

色々と遊べちゃう楽しいSUVに仕上げたいのは間違いなし!ワクワクするぜよ~

見積もりの前準備 おすすめグレード

まずは見積もりを始めるにあたって、どのグレードにするかを決めなければいけません。

  • M ¥3,596,400
  • Gセーフティパッケージ ¥3,882,600
  • Gナビパッケージ ¥4,233,600
  • Gプレミアムパッケージ ¥4,590,000
  • Sエディション ¥4,789,260

全部で5つのグレードの中から選ぶのですが、今回はGナビパッケージにしていきたいと思います。

関連記事  新型アウトランダーPHEVのおすすめグレードはこれ!

見積もり開始!

それではさっそく見積もりを始めていきますよ!

ちょっと待った!とりあえず今回アウトランダーのPHEVでも400万円台に抑えたいと思うんだけど!
それはなぜ???
国内ミドルクラスで最大のライバルとなるSUVはハリアーじゃん。そのハイブリッドモデルでも400万円台で落ち着けると思うんだよね。
なるほど。ハリアーのハイブリッドを意識しますか。

わかりました。新型ハリアーのハイブリッドのプレミアムを意識しているわけですね。。。

それじゃあなんとか400万円台でおさえるようにしましょう。出来るかはわかりませんが・・・とりあえずいってみます!(笑)

スポンサーリンク

ボディカラー選択

まずはボディカラーから決めましょう。

王道の黒か白で悩むところですが、黒を選択。その中でもブラックマイカか有料のルビーブラックパールで悩むところ。

  • ブラックマイカ

  • ルビーブラックパール有料 ¥32,400

画像ではサイドの窓ガラス部分くらいしか違いがわかりません・・・。しかし!実際に見てみての高級感や好みもあるでしょうが、ここはルビーブラックパールでラグジュアリーに攻めます!

ルビーブラックパール=ラグジュアリーって考え方どうなの?

そのような突っ込みは受け付けません!あしからず。

エクステリア部分のオプションは・・・

エクステリア部分のオプションですが、サンルーフは付けたいですよね!

  • 電動ガラスサンルーフ ¥97,200円
間違いない!サンルーフがあるだけで出掛けるとき楽しくなるよね!

あとはしっかりサイドバイザーはつけておきましょう。

  • エクシードバイザー ¥23,932

リヤ部分までカバーしてくれてこの価格ならお得といえるでしょう!

あとはリヤのカメラも装着↓

  • リヤビューカメラ ¥31,190

エクステリアのオプションは以上です。

スポンサーリンク

インテリア部分のオプションは本革調シートカバーでコスト削減

インテリア部分では、本革シートをオプションで付けたいところですが、、、

えっ、、、付けないの?

ここはまさかのコスト削減です!

  • 本革調シートカバー ¥53,956

本革調のシートカバーにしておきましょう(笑)

本革調のシートカバーかよ~邪道だな~(笑)

いいんです。浮かせた分のお金で他のオプションを付けるんです。

フロアマットは付けておきましょう↓

  • フロアマット ¥30,369

ETCはこちらでいいかな↓

三菱ETC

  • 三菱電機製ETC車載器 ¥32,875

ラゲッジルームのマットはこちらのお得なセットでいきます↓

  • ラゲッジマットとリヤバンパープレートのセット ¥21,513

キャンプなどでトランクを開けたままのシチュエーションを見据え、プレートも付けておこうと思います!

そしてこれは絶対に必要なオプション

  • 100V AC電源 ¥75,600円

これつけなきゃPHEVを買った意味なし。オプションで付けなかったらこのグレード選んだこと自体がミスになっちゃいます。

そりゃそーだ!絶対外で無意味にお湯沸かすからな!w

贅沢品なオーディオシステム”ロックフォード”を付けるぜ

そしてそして。シートを本革シートにするのをやめて、本革調シートカバーにした理由はこれですよ。

  • ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム ¥102,600

アメリカに本拠を置く老舗カーオーディオブランド、Rockford社と共同開発したアウトランダーPHEV専用のサウンドシステム。車内空間の音場特性を考慮して、9スピーカーを最適に設定しました。

スピーカー配置

これ、つけます。

おぉぉ!いいねぇ!のんびり山でも海辺でもデイキャンプを楽しみながら上質なスピーカーってか!

その通り。想像してください。こんな光景↓

最高です!

はい。しかもPHEVの静粛な走りの中で上質なスピーカーシステムにより聞く音楽も最高のはずです。運転が楽しくなること間違いなしです。

こんなちょっとした贅沢品もありやん。

スポンサーリンク

乗りだし価格が出ました!

以上、必要最低限のオプションとちょっとした贅沢オプションにより出た乗りだし価格は・・・

どーん。

4,932,615円

ギリギリ400万円台(笑)

マジで超ギリギリじゃん(笑)

詳細はこちらです↓

やっぱりエコカー減税で自動車取得税と重量税がなくなるのはデカいですね~

さらにここから!クリーンエネルギー自動車導入促進補助金が!

そして実はここからさらにお得なものが!!!

クリーンエネルギー自動車導入対策費補助金というものがあるんですよ!

定められた期限までに初度登録(届出)し、代金の支払いを完了させ、車両登録後1ヶ月以内または定められた期限のいずれか早い期日までに次世代自動車振興センターに申請書を提出し審査により交付が決定されると、センターから補助金が振り込まれます。

へぇ~そんなのあるんだ。13万円くらい貰えたら結構大きいぜよ!

注意点として補助金をもらうためには4年間その車を保有する義務がありますのでご注意を。

値段を抑えるならば・・・

なんとかエコカー減税や補助金制度で400万円台をキープできましたが、もう少し値段を抑えたいという場合は、

  • シートは標準装備のままのスエード調素材のままにする
  • ロックフォードのサウンドシステムはつけない
  • サンルーフはつけない

これで25万円くらいは安く抑えられます。

「ロックフォードのサウンドシステムは付けたい!」なんて人は最初からGプレミアムパッケージ(¥4,590,000)を選ぶのもじつはあり。

プレミアムパッケージなら最初から標準装備として

  • シートは本革
  • ロックフォードのサウンドシステム
  • 100V AC電源

がついていますので、それで超ミニマムなオプション装備にして400万円台を目指すというのもありでしょう!

まとめ

以上、新型アウトランダーPHEVの見積もりをしてみました。

目標である400万円台に抑えられたし満足の結果でした~
エコカー減税や補助金の恩恵を受けられるのは大きかったね!

新型アウトランダーPHEVは、先進性高いEV走行が魅力的であることは間違いありませんが、SUV車であることも忘れずに。是非遊び心を忘れずに、使用シーンを想像して納得のできる装備にしていきたいですね!

それではまた。ビバSUV。

スポンサーリンク

関連記事

画像出典テキスト引用三菱公式HP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最高ランクのグレードに乗りませんか?

福之助
僕の愛車は現在どのくらいの価値があるの!?いい値段で売れるのだったら買い替えも検討出来るのになって思って。でも中古車ディーラーさんに行くのはめんどくさいんだよね!教えてよ
 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハリアーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク