新型RVRのおすすめグレードを決定!MよりGが絶対。安全性能&装備のグレードによる違いをチェック。

新型RVRのおすすめグレードを決定!MよりGが絶対。安全性能&装備のグレードによる違いをチェック。

今回は新型RVRのおすすめグレード決定していきましょう!価格差とのバランスを見ながら決めちゃいます。

ですね!ビッグマイナーチェンジでエクステリアデザインを一新。かっこよくなった見た目は気になる存在になりましたね。

早速ですが、新型RVRのおすすめグレードを発表します!

  • おすすめグレード|【G】で決定!

売れ筋グレードでもある【G】をおすすめグレードで選びました!

では、新型RVRのおすすめグレード【G】に選んだ理由を見ていきましょう!

スポンサーリンク

新型RVRのグレード別 価格一覧

新型RVR画像

新型RVRには、グレードは2種類でガソリン車のみラインナップ。2WD・4WDが設定されています。

グレード別に価格を見ていくと

  • M|2WD|205万円
  • M|4WD|229万円
  • G|2WD|225万円
  • G|4WD|248万円

といったラインナップになっていますね。グレードは2種類とシンプルなラインナップですね。

【M】と【G】の価格差は・・20万円となっていますね。

価格差以上のグレードによる違いがあるのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

安全性能のグレードによる違い

まずは安全性能から【M】と【G】のグレードによる違いを見ていくと・・

【G】に標準装備の安全性能をまとめると・・↓↓

新型RVR安全装備

レーザーレーダーとカメラにより、前方車両や歩行者を検知、衝突の危険があるときは、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減、または衝突を回避、安全運転をサポートします。

自動ブレーキは欲しいよね。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>となっていますね。

自動ブレーキは今時代・・当たり前の安全性能となったいるので、標準装備は嬉しいポイント。

 

新型RVR安全性能

対向車や先行車、道路周辺の明るさなどの有無により、ハイビーム点灯の可否を判断。ロービームからハイビーム、ハイビームからロービームへの切り替えを自動的に行います。遠方視認性を高めるとともに、手動操作の煩わしさを軽減します。

オートマチックハイビーム[AHB]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>となっていますね。

安全性能ももちろんですが、日常シーンでも便利な装備ですね。これまた標準装備なら嬉しいポイント。

新型RVR安全性能

カメラにより、前方の車線位置を常に監視、車線を外れそうになると、警報で注意を促します。脇見運転などによるクルマのふらつきに効果的です。

車線逸脱警報システム[LDW]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>ですね。

万が一居眠り運転をしてしまっても、車線逸脱警報システムが助けてくれます。標準装備はおすすめグレードを選ぶ上でも大きなポイント。

新型RVR安全性能

大光量とワイドな配光で、遠方視認性と近距離の広がりを両立しています。

スーパーワイドHIDヘッドライト(光軸自動調整機構付)<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>になっていますね。

予防安全として大活躍間違いなし!結局は視界が悪いと・・安全性能も意味がありませんから。。

安全性能のグレードによる違いを見ると・・

  • 標準装備で大きな違いがあり、価格差以上の充実度
確かにね。安全性能の充実した【G】は安心だね。

もう一度確認すると、【M】と【G】の価格差は・・20万円となっています。他にもグレードによる違いがあるので、まずは見ていきましょう!

スポンサーリンク

グレードによる大きな違いはアルミホイール

アルミホイールにグレードによる違いがあります。

  • グレードGでは、17インチアルミホイールを標準装備。
  • グレードMでは、16インチアルミホイールを標準装備。

画像で見ると、かなり印象が違うのでどうぞ↓

16インチアルミホイールがコレ↓

新型RVR画像

17インチアルミホイールがコレ↓

新型RVR画像

SUV車は足回りが重要なんです!!

アルミホイールのサイズが違うだけで、ガラッと見た目が変わりますよね??グレードGの17インチアルミホイールのデザインは、スポーティーなイメージを与えてくれます。

車体デザインとマッチしていて、フロントマスクからのラインがかっこいいでしょうよ!!

エアコンの違いは大きなポイント!

新型RVR内装画像

グレードGではフルオートエアコンに対して、グレードMではマニュアルエアコン。。

フルオートエアコンは欲しいな~!

エクステリア&インテリア、安全性能の違いを見ていくと価格差以上の充実度を【G】に感じますね。

よって、おすすめグレードは【G】に決定です!!

スポンサーリンク

まとめ 結果おすすめグレードは【G】!

新型RVR画像

新型RVRのおすすめグレードを選んでいきました。結果は・・

  • おすすめグレードは【G】

といった結果に。【M】と【G】の価格差を考えても、【G】の充実度が上回りますね。

特に安全性能を考えれば、【G】を選ぶ大きな理由になるでしょうね。

新型RVRキープッシュシステム

キーレスオペレーションキーを携帯しているだけで、ドアやテールゲートの施錠・解錠が手軽にできます。また、ブレーキペダルを踏み、ボタン式のエンジンスイッチを押すことでエンジンの始動・停止も可能です。

といった日常シーンでも欲しいエンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステムも【G】に標準装備になっています。

新型RVRに試乗に行く際には、今回紹介したおすすめグレードを参考にしてくださいね!

ビバSUV!!

スポンサーリンク

画像テキスト引用三菱公式HP

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今スグ愛車の査定価格をチェック!

最高ランクのグレードに乗りませんか?

福之助
僕の愛車は現在どのくらいの価値があるの!?いい値段で売れるのだったら買い替えも検討出来るのになって思って。でも中古車ディーラーさんに行くのはめんどくさいんだよね!教えてよ
 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハリアーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク