CR-V

新型CR-Vの内装を画像でレビュー!グレードによる違いから後部座席まで徹底チェック!シートアレンジも出来ちゃうぜ!

新型CR-V内装画像
スポンサーリンク

今回は新型CR-Vの内装を画像でレビューしていきますね。グレードによる違いもしっかりとチェックしていきましょう。

7人乗りはガソリン車だけなんだよね!?

ですね。ハイブリッドは5人乗りになっています。7人乗りが必須なら、ガソリン車を選んでくださいね。

快適で、人を解放する。ほんとうに快適で質感高いもの。それは、乗る人を心地よく解き放ち、深いやすらぎへといざないます。

コンセプトどおり、グレードによってはレザーシートも選べますね。広い車内は質感もGOODです。

では新型CR-Vの内装を画像で見ていきましょう!ではどうぞ!!!!

3列シート&7人乗りはガソリン車のみ

新型CR-V内装3列シート

燃料タンク形状の工夫などにより、2列仕様の全長を変えずに3列仕様を実現。2列目はスライドしてフレキシブルにスペースを調節できるほか、跳ね上げてスムーズに乗降可能。

新型CR-Vを選ぶ上で重要なポイントは・・

  • 3列シートで7人乗りが可能!!ミニバンの代わりにも最適
7人乗りSUVの選択肢が増えて嬉しいよ!!今まで少なかったからね。

ここでポイントなのは・・

  • 3列シート&7人乗りは【ガソリン車】のみ

といこと。。ハイブリッドは5人乗りになっているのでお気をつけくださいね!!次にグレードによる内装の違いを見ていきましょう!

スポンサーリンク

グレードによる内装の大きな違い!Masterpiece専用がヤバイぜ

新型CR-V内装画像

新型CR-Vの価格をグレード別にまとめると・・

ハイブリッド|2.0L

  • HYBRID EX 3,784,320円
  • HYBRID EX・Masterpiece 4,145,040円

ガソリン|1.5L

  • EX(5人乗り)3,230,280円
  • EX(7人乗り)3,421,440円
  • EX・Masterpiece(5人乗り)3,591,000円
  • EX・Masterpiece(7人乗り)3,814,560円

ハイブリッド&ガソリン車ともに、グレードは2つ。上級グレードがMasterpieceとなっていますね。

ではグレードによる内装の大きな違いを見ていきましょう!!

シートカラー&シート素材

新型CR-V内装画像HYBRID EX,EX
  • シートカラー|ブラック
  • シート素材|ファブリック

グレード【EX】では、ブラックのみ選択可能にっています。次にMasterpiece専用を見ると・・

新型CR-V内装画像MasterpieceHYBRID EX ・Masterpiece,EX・Masterpiece
  • シートカラー|ブラック
  • シート素材|本革シート
新型CR-V内装画像MasterpieceHYBRID EX ・Masterpiece,EX・Masterpiece
  • シートカラー|ブラウン
  • シート素材|本革シート

Masterpieceでは、ブラック&ブラウンが選択可能ですね。

Masterpiece専用のブラウンレザーシート・・・かっこいいじゃないか!!

Masterpieceは上級グレードらしく、高級感がぐんっとアップしますね。他にもMasterpiece専用の内装装備があるのでまとめて見ると・・

Masterpiece専用|ハンズフリーアクセスパワーテールゲート

まずはハンズフリーアクセスパワーテールゲート↓↓

新型CR-Vハンズフリー

キーを携帯してリアバンパーの下に足先を出し入れするだけで、テールゲートを開閉可能。スイッチ操作により、開閉途中の保持や、開く高さの設定も行えます。

あって便利な装備だね。標準装備でついているの!?
新型CR-Vハンズフリー

ハンズフリーアクセスパワーテールゲートはMasterpiece専用で標準装備となっています。これはすごいじゃないか!!

Masterpiece専用|電動パノラミックサンルーフ

次に、Masterpiece専用で電動パノラミックサンルーフも標準装備になっています↓↓

新型CR-V電動パノラミックサンルーフ

スイッチ操作で天井部がスライドし、広大なサンルーフが出現。ガラス部はさらに電動で開閉でき、チルトアップ機構も備えています。

晴れた日に最高だね!!車内も明るくなるし、子供も大喜び間違いないでしょうよ!!
新型CR-V電動パノラミックサンルーフ

Masterpiece専用で電動パノラミックサンルーフまで・・標準装備。。おすすめグレードを選ぶ上でもポイントになってきますね。

Masterpiece専用|助手席4ウェイパワーシート

最後に助手席4ウェイパワーシートも標準装備でついてきます↓↓

新型CR-V助手席4ウェイパワーシート

前後スライド、リクライニング角度を電動で調節可能です。

上級グレードらしい標準装備ですね。同乗者の乗り心地もぐんっとアップしますね。

インパネ&コックピットも上質な仕上がり

新型CR-V内装画像

コックピットを上質に彩る質感と手に馴染む感触が魅力。

木目調査剤や本革巻きステアリングホイールなど、質感は上々。マルチインフォメーションディスプレイには必要な情報もメーター内に表示されます。

電動制御パーキングブレーキも標準装備

新型CR-V内装画像

スイッチ操作でパーキングブレーキをオン/オフできます。

電動制御パーキングブレーキは全グレード標準装備となっています。嬉しいポイントですよね!!

ナビは7インチHondaインターナビ

新型CR-Vナビ画像

スマートフォンのような操作感を実現。インターナビ・プレミアムクラブの多彩な情報を通信費無料で利用できる「リンクアップフリー」対応。

Hondaインターナビも全グレード標準装備となっています。アップグレードも可能なのでお好みで!

内装装備も充実。シートヒーターだって標準装備

新型CR-V内装装備

座面と背もたれで体を温めます。温かさを3段階で調節可能です。

へーーシートヒーターも標準そうなんだね。

運転席&助手席シートヒーターは全グレード標準装備となっています。他にも内装装備が充実していて・・

  • ドライビングポジションシステム
  • 運転席4ウェイ電動ランバーサポート
  • ドライバー注意力モニター

とあったら嬉しい内装装備が標準装備!!これは嬉しいポイントじゃないか!!

スポンサーリンク

後部座席の広さもGOOD!口コミも上々

新型CR-V内装後部座席画像

2列目シートは座面も背もたれも、ゆとりあるサイズを確保。サイドサポート部は厚みを持たせてホールド感を向上。足元空間もゆとりある広さに設計しています。

新型CR-Vの後部座席はゆったりとした快適な広さを実現していますね。後部座席にもセンターアームレストを装備↓↓

新型CR-V内装後部座席画像
後部座席の大きなセンターアームレストは嬉しいポイントじゃないか!!

ドリンクホルダーもついてるのは◎。ゆったりと後部座席の乗り心地もGOODですね。

後部座席の口コミを見ると・・

新型CR-V内装画像後部座席
  • 実際に乗ると広い!!足元も高さもゆとりあり
  • 中が広く気持ちよかった
  • 広さにゆとりを感じましたね

後部座席の広さに対する口コミは上々ですね。リヤヒーターダクトも装備されているので、後部座席も快適!!

後部座席のシートアレンジ&リクライニング

新型CR-V内装画像

可能性ひろげる空間アレンジを、手軽な操作で。2列目シートは倒すのも戻すのも1アクション。左右別々に倒せます。ガソリン車は荷室床面を上下2段階で調節可能。

新型CR-Vの後部座席は6:4分割可倒式になっていますね。後部座席どちらも倒せばフルフラットに↓↓

新型CR-V内装画像
CR-Vらしさが出てるねー!旧モデルから良いところは継承してるんだね。

2列目シートは、身長185cmの私が座っても結構余裕です。運転席を自分のポジションに合わせた状態でその後ろに座りましたが、膝前にまだ少し余裕があります。また1段だけ(?)リクライニング調整できるので、ヘッドクリアランスも問題なしです。

後部座席はリクライニング機構もついており、同乗者も快適に。。広さも十分なのでリクライニングは小さくてもOKでしょう!!

スポンサーリンク

3列目シートはあくまでも緊急用だが・・

新型CR-V内装3列シート画像

2列目は余裕たっぷりで快適。3列目はジェイド同様におまけにしかなってません。

3列目も十分実用的に使える空間が確保できていて、アウトランダーやエクストレイルよりかは実用性が高い3列目

数少ない3列シートSUVの中でオススメの1台であることは間違いありません

7人乗りを求めるユーザーさんには・・やっぱり嬉しいよね!!

週末に子供+祖父母といったシーンで活躍するのが3列シート。。もちろんミニバン程の快適性はありませんが、緊急用&”たまに”なら十分でしょう。。

跳ね上げ式&スライドで乗り降りもGOOD

新型CR-V3列目シート

燃料タンク形状の工夫などにより、2列仕様の全長を変えずに3列仕様を実現。2列目はスライドしてフレキシブルにスペースを調節できるほか、跳ね上げてスムーズに乗降可能。

2列目シートは150mmスライド&跳ね上げ式になっているので、3列目シートへの乗り降りも快適に。。アウトランダーやエクストレイルとの違いがはっきりしているポイントですね。

ラゲッジスペースの容量は十二分でしょう

新型CR-Vラゲッジスペース

荷室は容量の大きさだけではなく、開口部の低さにもこだわっています。重いものを高く持ち上げる必要がないので、荷物の積み込みがスムーズになります。

積み込みしやすいってのもポイントだね!!

開口部が広く、そして低さにもこだわっています。女性のユーザーさんにも嬉しいポイントですね。

3列目&2列目シートを倒せば・・車中泊&ゴルフバックだって余裕

新型CR-Vラゲッジスペース

3列目シートは、普段使わないときはたたんでおけます。2列目シートも倒せば、広大な空間に。荷室床面は上下2段階で調節でき、上段にすれば荷室を上下に分けて使えます。

3列シートももちろん倒せるので、長尺物や大きな荷物を乗せるシーンでもGOODです!日常シーンで大活躍間違いないでしょうよ!!

車中泊だって余裕そうだね!

車中泊も余裕で出来るスペースですね。ラゲッジスペースの手前なら、ゴルフバックも横置きに積むことも可能。普通に積み込めば、4つ5つでも余裕の容量でしょうね。

収納スペースも使い勝手がGOOD

新型CR-V収納スペース

3通りの使い方が可能です。5.5インチのスマートフォンなどを置ける大型トレー。トレーをスライドすればボックス内にアクセス可能。トレーをしまえばさらに大容量。

大型のトレーを装備したセンターコンソールボックスは使い勝手もGOODです!使えば使うほど、便利さに気づく収納が盛り沢山ですね。

スポンサーリンク

まとめ 7人乗りならガソリン。高級感ならマスターピース

新型CR-V内装画像

新型CR-Vの内装を画像でレビューしていきました。まとめると・・

  • グレードによる大きな違いはシート素材&色
  • マスターピース専用装備がかっこいい
  • 内装装備は標準装備で充実している
  • 後部座席は広々
  • 3列目シートはSUVとしては快適
  • ラゲッジスペースは文句なし容量

となっていましたね。グレードを選ぶ目線からまとめると・・

  • 7人乗りニーズなら、ガソリン車
  • 高級感を求めるなら、マスターピース

ミニバン代わりに新型CR-Vを!!って事なら、ガソリン車が必須の選択でしたね。高級感を求めるなら、マスターピースで間違いないでしょうよ!!

試乗に行く際には、後部座席の乗り心地とマスターピースを乗ってみると楽しめますよ!!

ビバSUV!!

スポンサーリンク

画像テキスト引用HONDA公式HP価格.com

ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報