マツダ

マツダCX-9が2017年日本発売!内装を画像で紹介!3列シート7人乗りSUV車で人気爆発?

新型CX-9エクステリアデザイン画像

福之助です。

マツダから待望の新型CX-9が日本で2017年後半に発売するようです。

北米では、2016年から先行販売が開始されていました。特徴は何と言っても

  • 3列シート7人乗りSUV

ハリアー、レクサスRXといった人気車種からも噂される7人乗りモデル。

日本では、ミニバン人気が高いので7人乗りSUV市場はトレンドと言っても過言ではないでしょう!

そんな新型CX-9の最新情報を見ていきましょう!

スポンサーリンク

CX-9発売日は2017年後半 ヒット間違い無し?

現在3列シート7人乗りSUV車の選択肢は、多くはありません。

しかし人気車種から【3列シート7人乗りモデル】の噂が絶えない。。

何を意味しているのか?

  • ユーザーからニーズ

これに尽きます。SUV大好き人間からすると、選択肢が多いのは嬉しいポイントですね!

先駆けて、マツダからCX-9を2017年後半から発売となれば、ヒット間違い無いでしょう!

スポンサーリンク

新型CX-9のエクステリアデザインの画像

新型CX-9
マツダ越KOERU!アウディQ7を彷彿させるエクステリアデザインになっています!
新型CX-9エクステリアデザイン画像
これは・・・間違いなく人気でるでしょうよ!ミニバンユーザーからの乗り換えも◎

マツダといえば・・もうエクステリアデザインは間違いなくかっこいいですね。

新型CX-9の内装画像|3列シート

新型CX-9内装画像3列シート
ブラウンレザーがかっこいいじゃないか!3列シートも十分すぎる広さですね!さすが北米使用!
スライドドアじゃないのが残念と思うユーザーもいるでしょうね!乗り降りには不便ではなさそうです。

新型CX-9のインパネ・コックピットの画像

新型CX-9内装画像インパネ 新型CX-9内装画像インパネ
はい!かっこいいの一言につきます。。マツダらしいスタイリッシュな内装デザインに仕上がっていますね。

新型CX-9のラゲッジルーム画像

新型CX-9内装画像ラゲッジルーム
ラゲッジルームも文句なしだね!後部座席のシートアレンジも対応でしょうし。。リアデザインがかっこいいじゃないか!

MPVの後継者としてのCX-9

日本でお馴染みのマツダMPV。

  • CX-9はMPVの後継者

としての立ち位置です。大きな違いは【スライドドア】でしょう。

MPVはミニバン意識が強い車種でしたが、CX-9はよりSUV・・いや完全なる7人乗りSUV車ですね。

直接的ではないけど、ライバル車はミニバン市場とも言えるね!

CX-9の特徴とマツダの狙い!

 新型「CX-9」は、主に成熟したファミリー層を対象に、機能やスペックを超えた上質な心地よさをお届けすることで、「親としてだけではない、人生のさまざまな側面をスマートに輝かせる新しいクロスオーバーSUV像」を提案します。よりプレミアムな世界観を追求した最新の「魂動」デザイン、上質さを高めた「人馬一体」の走り、卓越した燃費性能はもちろん、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」や新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」、使いやすく快適な室内空間などで*2、現代の家族のニーズに応えます。また、パワートレインには新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」をマツダ車として初めて搭載します。

引用MAZDA公式HP

ターゲットユーザーは、ファミリー層。もう少し掘り下げて考えると、

  • 7人乗りが必要だけど、ミニバンは嫌だし・・・
  • プレミアムな国産SUV車に乗りたい
分かるーーー!こう考えているユーザー層は多いでしょう!

こんなニーズを満たすのが、マツダCX-9と言えるでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ マツダSUV車のラインナップに注目

小飼 雅道(こがい・まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように語っています。「マツダはミッドサイズSUVセグメントへの新型CX-9の投入により、新世代商品のラインナップ強化を図り、北米における継続的な成長と更なる飛躍を目指してまいります。今後もマツダは、商品ラインナップ全体の進化に挑戦を続けていくとともに、マツダブランドのより一層の魅力向上に努め、お客さまとの特別な関係、強い絆を築いていきます。」

引用MAZDA公式HP

CX-3,CX-5とラインナップされているマツダSUV車。そこに新たなアクセントとして、新型CX-9をラインナップしていく。

マツダSUV車に足りなかった

  • 7人乗りSUV車
  • プレミアム

今までにない、新たな要素をマツダは手に入れらますね。

激戦区となっている国産SUV車市場で現在必要となるのは、選択肢なのかもしれません。

ミニバン市場から、どれくらいのユーザーを魅了出来るか?注目していきましょう!

ビバSUV!

スポンサーリンク


画像出典引用http://www.autoguide.com

ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報