RVR

新型RVRのおすすめグレードを決定!MよりGが絶対。安全性能&装備のグレードによる違いをチェック。

新型RVR内装画像
スポンサーリンク

今回は新型RVRのおすすめグレード決定していきましょう!価格差とのバランスを見ながら決めちゃいます。

ですね!ビッグマイナーチェンジでエクステリアデザインを一新。かっこよくなった見た目は気になる存在になりましたね。

早速ですが、新型RVRのおすすめグレードを発表します!

  • おすすめグレード|【G】で決定!

売れ筋グレードでもある【G】をおすすめグレードで選びました!

では、新型RVRのおすすめグレード【G】に選んだ理由を見ていきましょう!

新型RVRのグレード別 価格一覧

新型RVR画像

新型RVRには、グレードは2種類でガソリン車のみラインナップ。2WD・4WDが設定されています。

グレード別に価格を見ていくと

  • M|2WD|205万円
  • M|4WD|229万円
  • G|2WD|225万円
  • G|4WD|248万円

といったラインナップになっていますね。グレードは2種類とシンプルなラインナップですね。

【M】と【G】の価格差は・・20万円となっていますね。

価格差以上のグレードによる違いがあるのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

安全性能のグレードによる違い

まずは安全性能から【M】と【G】のグレードによる違いを見ていくと・・

【G】に標準装備の安全性能をまとめると・・↓↓

新型RVR安全装備

レーザーレーダーとカメラにより、前方車両や歩行者を検知、衝突の危険があるときは、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減、または衝突を回避、安全運転をサポートします。

自動ブレーキは欲しいよね。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>となっていますね。

自動ブレーキは今時代・・当たり前の安全性能となったいるので、標準装備は嬉しいポイント。

 

新型RVR安全性能

対向車や先行車、道路周辺の明るさなどの有無により、ハイビーム点灯の可否を判断。ロービームからハイビーム、ハイビームからロービームへの切り替えを自動的に行います。遠方視認性を高めるとともに、手動操作の煩わしさを軽減します。

オートマチックハイビーム[AHB]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>となっていますね。

安全性能ももちろんですが、日常シーンでも便利な装備ですね。これまた標準装備なら嬉しいポイント。

新型RVR安全性能

カメラにより、前方の車線位置を常に監視、車線を外れそうになると、警報で注意を促します。脇見運転などによるクルマのふらつきに効果的です。

車線逸脱警報システム[LDW]<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>ですね。

万が一居眠り運転をしてしまっても、車線逸脱警報システムが助けてくれます。標準装備はおすすめグレードを選ぶ上でも大きなポイント。

新型RVR安全性能

大光量とワイドな配光で、遠方視認性と近距離の広がりを両立しています。

スーパーワイドHIDヘッドライト(光軸自動調整機構付)<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>になっていますね。

予防安全として大活躍間違いなし!結局は視界が悪いと・・安全性能も意味がありませんから。。

安全性能のグレードによる違いを見ると・・

  • 標準装備で大きな違いがあり、価格差以上の充実度
確かにね。安全性能の充実した【G】は安心だね。

もう一度確認すると、【M】と【G】の価格差は・・20万円となっています。他にもグレードによる違いがあるので、まずは見ていきましょう!

スポンサーリンク

グレードによる大きな違いはアルミホイール

アルミホイールにグレードによる違いがあります。

  • グレードGでは、17インチアルミホイールを標準装備。
  • グレードMでは、16インチアルミホイールを標準装備。

画像で見ると、かなり印象が違うのでどうぞ↓

16インチアルミホイールがコレ↓

新型RVR画像

17インチアルミホイールがコレ↓

新型RVR画像
SUV車は足回りが重要なんです!!

アルミホイールのサイズが違うだけで、ガラッと見た目が変わりますよね??グレードGの17インチアルミホイールのデザインは、スポーティーなイメージを与えてくれます。

車体デザインとマッチしていて、フロントマスクからのラインがかっこいいでしょうよ!!

エアコンの違いは大きなポイント!

新型RVR内装画像

グレードGではフルオートエアコンに対して、グレードMではマニュアルエアコン。。

フルオートエアコンは欲しいな~!

エクステリア&インテリア、安全性能の違いを見ていくと価格差以上の充実度を【G】に感じますね。

よって、おすすめグレードは【G】に決定です!!

スポンサーリンク

まとめ 結果おすすめグレードは【G】!

新型RVR画像

新型RVRのおすすめグレードを選んでいきました。結果は・・

  • おすすめグレードは【G】

といった結果に。【M】と【G】の価格差を考えても、【G】の充実度が上回りますね。

特に安全性能を考えれば、【G】を選ぶ大きな理由になるでしょうね。

新型RVRキープッシュシステム

キーレスオペレーションキーを携帯しているだけで、ドアやテールゲートの施錠・解錠が手軽にできます。また、ブレーキペダルを踏み、ボタン式のエンジンスイッチを押すことでエンジンの始動・停止も可能です。

といった日常シーンでも欲しいエンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステムも【G】に標準装備になっています。

新型RVRに試乗に行く際には、今回紹介したおすすめグレードを参考にしてくださいね!

ビバSUV!!

スポンサーリンク

画像テキスト引用三菱公式HP

 

ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報