ハリアー

【最新情報】新型ハリアーのフルモデルチェンジは2019年末~2020年を予想。7人乗りモデル&変更点をまとめると・・

新型ハリアー特別仕様車Style BLUEISH
スポンサーリンク

今回は新型ハリアーのフルモデルチェンジ最新情報を見ていきましょう!発売日は2019年末を予想されますね。

フルモデルチェンジから時間が経つけど、まだまだ人気車種だもんね

現行モデルは3代目にあたるハリアー。直近のマイナーチェンジは2017年6月に実施されています。特別仕様車もコンスタントに発表していますが・・フルモデルチェンジはまだ。。

新型RAV4のデビューも終え、次は新型ハリアーの登場でしょう!ではフルモデルチェンジの変更点を見ていきましょう!

新型ハリアーのフルモデルチェンジは2019年末~2020年を予想!

新型ハリアー画像

現行モデルは2013年にフルモデルチェンジを実施いています。もう6年近く時間が経っていますね。。新型RAV4の発売も終え、期待されるのはハリアーのフルモデルチェンジですね。発売時期は・・

  • フルモデルチェンジは2019年末~2020年を予定

国内専売車種だけに、スパイショットの画像はなかなか出てきていません。2019年4月11日にある意味兄弟車の、新型RAV4が登場し次は新型ハリアーという流れは間違いないでしょう。

フルモデルチェンジで噂されている変更点をまとめて見ていきましょう!

あわせて読みたい↓↓クリック↓↓

エクステリアデザインはキーコンセプトor攻めた独自路線で行くのか?

新型ハリアー画像

昨今ではフロントマスクがほとんど違いがわからない・・そんな車種が増えてきています。輸入も国産車も。。。

スパイショットのリーク画像はありませんが、噂されているのが・・

  • キーコンセプトデザインの採用

言ってしまえば、THEトヨタ車になるでは!?って話です。。同じようなデザインになってしまうのか・・

確かにね!車体サイズの違いしか無いんじゃない!?って車種多いよね。。

理由は色々とありますが、キーコンセプトを全車種に採用って流れが最近のトレンドですね。しかし・・ハリアーがキーコンセプトで良いのか!?

  • 新型ハリアーだけは・・独自路線を追求して欲しい

無骨なSUVというジャンルは新型RAV4に任せ、よりシティSUV&ラグジュアリーSUVを追求したエクステリアデザインになって欲しいですね。

インテリアデザインはより上質に!ダブルディスプレイを採用へ

新型ハリアー特別仕様車Style BLUEISH

フルモデルチェンジで変更されるのはインテリアデザインも含まれますね。参考までに新型RAV4の内装画像を見ると・・↓↓

新型RAV4

もうひとつ参考に新型クラウンを見ると・・↓↓

新型クラウン画像

運転中、前方道路を見ている状態から室内に目を移した際もすぐに焦点を合わせられる遠方上方に8インチの遠視点ディスプレイを、手前にはタブレット感覚で扱える7インチのトヨタマルチオペレーションタッチを配置しました。

新型クラウンで採用されたダブルディスプレイの装備は期待できますね。高級感をぐんっとUPしてくるのは間違いないでしょう。

カラーヘッドアップディスプレイの採用は確実

こちらも新型クラウンで採用されているカラーヘッドアップディスプレイ↓↓

新型ハリアーカラーヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影することで、少ない視線移動で情報確認ができます

新型ハリアーのフルモデルチェンジでカラーヘッドアップディスプレイの採用は間違いないでしょう。安全性能もUPするし、ラグジュアリー感も出るのも◎

スポンサーリンク

7人乗り&3列シートの追加。打倒CX-8を意識するはず

レクサスRXでもラインナップされた7人乗り&3列シート↓↓

新型レクサスRX画像

2018年に大ヒットしたマツダCX-8は記憶に新しいはず。7人乗り&3列シートはミニバン嫌いのユーザーを取り込むことに成功していますね。

  • ファミリーユース&大家族でも、SUV車に乗りたい
  • なおかつ、快適な乗り心地を求める

こんなユーザーさんの心に刺さりました。。レクサスRXにも7人乗り&3列シートをラインナップし、アルファードからの乗り換えを検討できる選択肢を与えました。

打倒CX-8を考えれば、次期フルモデルチェンジで7人乗り&3列シートの採用は確率が高いと言えるでしょう。

2.0L&2.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載

ダイナミックフォースエンジン

現行モデルのエンジンラインナップは・・

  • 2.0Lガソリン
  • 2.0Lターボ
  • 2.5Lハイブリッド

3つのラインナップになっています。コスパのガソリン車、トータルバランスのハイブリッド、スポーツ志向のターボとニーズの棲み分けはしっかりしていますね。

次期フルモデルチェンジではダイナミックフォースエンジンの搭載が確実視されています↓↓

  • ダイナミックフォースエンジン2.0Lガソリン
  • ダイナミックフォースエンジン2.5Lハイブリッド

ターボの継続は・・今の所微妙なのかなと。。GRスポーツのラインナップを強化しているので・・どうでしょう。

GRスポーツのラインナップは確実

新型ハリアー画像

フルモデルチェンジ後もGRスポーツはラインナップされるでしょう。現行モデルもGRスポーツのラインナップがありますからね。

カスタムはモデリスタ&TRDからドレスアップ

現行モデルのカスタムはモデリスタ&TRDから出ています↓↓

新型ハリアーカスタム 新型ハリアーカスタム 新型ハリアーカスタム 新型ハリアーカスタム

フルモデルチェンジ後もドレスアップカーのラインナップは確実でしょう。ラグジュアリー志向はもちろんのこと、”ジープ感””アウトドア感”のカスタムカーが出たら面白いですね。

プラットフォームはTNGAを採用。。間違いないし

新型はプラットフォームはTNGAにどんどん変わっていくね。。

新型RAV4でも採用された【TNGA】トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャに基づく新プラットフォームの採用は間違いないでしょう。

ボディ剛性、燃費、操縦安定性、走行性能がUPする・・間違いなく採用されるでしょう!

価格帯は据え置きに。エンジンラインナップでニーズに応える

現行モデルの価格帯はを見ると・・

  • ガソリン車|2,949,480円〜3,810,240円
  • ターボ車|3,380,400円〜4,080,240円
  • ハイブリッド|3,774,600円〜4,634,280円

価格帯は幅広く設定されています。フルモデルチェンジ後もユーザーニーズに応える価格設定を継続されるでしょう。

ガソリン車のエントリーグレードを300万円以内、ハイブリッドのエントリーグレードを400万円以内・・これは守って欲しいですね。

最新情報はどんどん出てくると思いますので、現行モデルのおさらいをしておきましょう!!

次のページ|現行ハリアーの最新値引き情報をCHECK!

スポンサーリンク

1 2 3
ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報