CX-8

新型CX-8の2018年マイナーチェンジ変更点まとめ。2019年の改良ポイントは8.8インチマツダコネクト&MT車のラインナップか

新型レガシィアウトバック
スポンサーリンク

今回は新型マツダCX-8のマイナーチェンジ変更点をまとめてみていきましょう!2019年の改良ポイントも予想していきますね。

2018年に登場して・・一気に人気車種となったよね。

7人乗り3列シートSUV車として、デビューしたマツダCX-8。高級感もあり、ミニバン嫌いのユーザーの心を鷲づかみしました(笑)

直近のマイナーチェンジは2018年11月に実施されましたね。変更点をまとめてみていきましょう!

※CX-30の噂も出ていますね↓

かなり前から噂には出ていたCX-30。遂に日本でも発売することがほぼほぼ決定しました。公式HPにも出ていますし。

ここで出てくる疑問が・・CX-30ってどの位置!?って話ですよね。コンパクトSUVにはCX-3があって、ミドルサイズにはCX-5があって・・・。

引用 https://car-even.com/1188

この記事のポイント

  • 2.5Lガソリン&ターボを追加ラインナップ
  • 夜間方向車検知機能の追加
  • 「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」へ進化
  • Apple CarPlayとGoogle Android Autoの機能が追加
  • 次期マイナーチェンジでは8.8インチマツダコネクト&MT車の追加となるか
  • 現行モデルの紹介

 

 

あわせて読みたい↓↓クリック↓↓

 

 

直近のマイナーチェンジは2018年11月に実施

新型CX-8画像

2017年9月に初代がデビューし、直近のマイナーチェンジは2018年11月に実施されています。

主な変更点をまとめてみていきましょう!

スポンサーリンク

2.5Lガソリン&ターボのラインナップを追加

伸びやかでリニアな加速感が楽しめるターボモデルをはじめ、2つのガソリンエンジンが新たに登場。余裕の走りを発揮するクリーンディーゼルとともに、好みの走りを選べる楽しさが広がりました。

デビュー当初は2.2Lディーゼルエンジンのみのラインナップでしたが、マイナーチェンジで2.5Lガソリン&ターボを追加ラインナップ。詳細がコレ↓↓

SKYACTIV-G 2.5

  • 最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm
  • 最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm

SKYACTIV-G 2.5T|ターボ

  • 最高出力:169kW〈230PS〉/4,250rpm
  • 最大トルク:420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm
ターボのスペック・・ヤバイねこれ。。

2.5Lガソリンエンジンは、価格帯も抑えられて手の届きやすいエントリーモデルの位置づけですね。2.5Lターボは、CX-8に走りまで求めるユーザーさん向けのエンジンです。

トータルバランスのディーゼル、コスパ重視の2.5Lガソリン、走行性能まで求める2.5LターボとCX-8は充実のラインアナップになりましたねー!!

アドバンストSCBSが夜間歩行者検知機能の追加

新型CX-3安全性能

アドバンストSCBSが夜間や暗い場所での歩⾏者検知機能を向上させました。⽬前に迫った事故の回避、被害軽減をサポートします。

2018年11月のマイナーチェンジで安全性能の向上も変更点となります。アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートが夜間歩行者検知機能に対応しました。

走行性能の改善点は「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」

新型レガシィアウトバック 新型CX-8

マイナーチェンジで「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」へと進化。より安定した走行性能を実現しています。

Apple CarPlayとGoogle Android Autoの機能が追加

新型CX-8
  • Apple CarPlayに対応
  • Android Auto™に対応

マツダコネクトで使えるように進化しました。待望される機能だったので、嬉しいポイントですね。

スポンサーリンク

2019年の次期マイナーチェンジでは8.8インチマツダコネクト&MT車の追加となるか?

次回のマイナーチェンジで期待されるのが、マツダ3の搭載予定のマツダコネクト↓↓

新型CX-8
でか!!かなりいいんじゃない

8.8インチのワイドディスプレイを搭載予定です。次期CX-8のマイナーチェンジでも期待されるでしょう!!

次に期待されるのは、CX-5でも設定されたガソリンMT車のラインナップですね。車の性格上どうかな!?って思いますが・・ラインナップは期待しましょう!

現行CX-8の最新値引き情報!2019年8月 25万円~30万円

本格派3列シートSUVとして、ファミリーユース層にも爆発的な人気を誇るCX-8。値引き幅は拡大傾向にありますね。

新型CX-8
けっこうな値引き相場額出てるんだねー

最新の値引き相場額は、25万円~30万円となっています。車両本体価格から18万円、オプション&諸経費から7万円が目安ですね。競合比較はトヨタハリアー、ミニバン勢のヴォクシー&アルファード辺りまで競合させるのが王道ですね。

↓詳しくはこちら↓

現行CX-8の紹介

新型CX-8マツダ評価口コミ
  • CX-8の歴史
2017年9月初代デビュー
2018年11月マイナーチェンジ(現行モデル)

ミニバンに取って代わるSUV!ミニバン嫌いのユーザーさんに認められたのは記憶に新しいでしょう。飛ぶように売れて、今では大人気車種の仲間入りを果たしました。

アルファードかCX-8か・・こんなユーザーさんも多いのでは!?現行モデルのCX-8の魅力を見ていきましょう!

スポンサーリンク

CX-8の満足度は93%。トータル評価は最高レベル!誰もが待っていたSUV

  • オーナーさんのCX-8の満足度
見た目(エクステリア)
95%
内装(インテリア)
92%
燃費
92%
走行性能・乗り心地
95%
価格
92%
総合評価
93%

※編集部調べ

 

えっ!?むちゃくちゃ満足度高すぎない!?

トータル評価は最高レベルです!エクステリアは言うまでもなく完成度はピカイチ。内装はLパッケージならラグジュアリー感も上々。なんといっても3列シート7人乗りが大きなポイントでしょう。言うならば・・

  • 誰もが待っていた3列シートSUV

ミニバンはちょっとってユーザーさんに刺さりましたねー。。ミニバンは嫌だけど、6~7人乗りの車が必要なんだ!ってニーズをしっかりと掴みました。燃費は最高レベルとは言えませんが、車格&燃料軽油を考えれば満足度は高いはず。

走行性能&静粛性も高く、乗り心地は高評価な口コミが多数ありましたね。試乗した際は、えっこれマジでディーゼルって思いましたから。。とにかくトータル評価は最高レベルなのは間違いありません!!

↓詳しくはこちら↓

価格はライバル車と比較すると割安。サイズ感はプラドと同等

新型CX-8
  • 車体サイズ・室内サイズは、プラドと同等
  • 価格帯は、ライバル車と比較すると割安

サイズ感は分かって頂けたと思います。価格もプラドやレクサスRX、ヴェルファイアと比較すると、割安な印象ですね。

安全性能・デザイン・実用性・・・どの角度からも価格は高いとは思えません。

↓詳しくはこちら↓

ディーゼルの燃費はWLTCモードで15.8km/L、ガソリン車は12.4km/L

新型CX-8マツダ評価口コミ

2.0L|ディーゼル車

  • WLTCモード|15.4-15.8km/L
  • WLTC市街地|12.5-12.7km/L
  • WLTC郊外|15.3-15.7km/L
  • WLTC高速道路|17.5-18.0km/L

2.5L|ガソリン車

  • WLTCモード|12.4km/L
  • WLTC市街地|9.8km/L
  • WLTC郊外|12.6km/L
  • WLTC高速道路|13.9km/L

2.5L|ガソリンターボ車

  • WLTCモード|11.6km/L
  • WLTC市街地|8.4km/L
  • WLTC郊外|11.7km/L
  • WLTC高速道路|13.8km/L
  • 実燃費も高評価
  • ライバル車と較べても、燃費は良い!

オーナーさんのレビューでも、高評価が連発です。もちろん燃費性能重視の車ではないので、20-30といった数字はでません。

発売から大人気の理由として、燃費性能の良さってのもあるのでしょう!

どの角度からも見ても、隙がない新型CX-8。是非一度試乗に行って、ディーゼルエンジンを体感してみてくださいね!

↓詳しくはこちら↓

おすすめカラーはマシーングレープレミアムメタリック

cx-8Lパッケージ画像

まずはボディーカラーから。もちろんおすすめカラーの【マシーングレープレミアムメタリック】をチョイス。

圧倒的な高級感と、新型CX-8を際立たせる発色で1択でしたね。カラーバリエーションは7色ラインナップされています。

内装は高級感あふれる。3列シートは、大人でも十分な居住性を確保

新型CX-8シートカラー

新型CX-8の三列シートは、170cm以上の大人でも十分な居住性を確保しています。

ヴェルファイアやアルファードと比べると、若干物足りないさは感じますが及第点でしょう!3列シートへの乗り降りは、しゃがみ込む必要性はあります。

しかし、6~7人乗りというシーンが日常であるユーザーさんには、十分な3列シートと言えますね。

子供2人+祖父母でたまにランチ!こんなユーザーにピッタリですね!

↓詳しくはこちら↓

安全性能はサポカーSワイドに該当

新型CX-3安全性能 新型CX-8

安全性能はサポカーSワイドに該当してます。軽量・高剛性・安全ボディ“SKYACTIV-BODY”など”もしも”にも備えらていますね。サポカーSワイドにも該当していて、文句なしの高評価です。

おすすめグレードは【XDLパッケージ】!

PROACTIVEとLパッケージを比較して、決定しました!

  • おすすめグレードは【XDLパッケージ】!

内装装備、エクステリア、シートといったグレードによる違いを見ていくと、

  • 価格差45万円以上の充実感

よって、おすすめグレードは【XDLパッケージ】に決定しました!圧倒的なラグジュアリー感と充実の装備。。文句なしでしょう!

↓詳しくはこちら↓

【XDLパッケージ】の乗り出し価格は・・¥4,476,440!!

新型cx-8乗り出し価格

じゃじゃ~ん!!お見積り結果が出ました!!新型CX-8の乗り出し価格は・・

  • ¥4,476,440

XDLパッケージで、乗り出し価格が450万円以内に収まりました!大変満足感の高い1台に仕上がりましたね。

プレミアムSUV車と考えれば、お買い得なんじゃないの!?

お値段以上の価値はあると思いますね!でも・・ちょっと予算的に高いかなと思うなら、新古車&未使用車もぼちぼち出てきているので狙ってみるのありです。

↓詳しくはこちら↓

スポンサーリンク

まとめ マイナーチェンジ最新情報

新型CX-8シートアレンジ 新型CX-8内装画像

新型CX-8のマイナーチェンジ変更点をまとめて見ていきました。ポイントをまとめると・・

  • 2.5Lガソリン&ターボを追加ラインナップ
  • 夜間方向車検知機能の追加
  • 「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」へ進化
  • Apple CarPlayとGoogle Android Autoの機能が追加
  • 次期マイナーチェンジでは8.8インチマツダコネクト&MT車の追加となるか

エンジンのラインナップ追加は、ユーザーの選択肢を増やす意味でも高評価ですね。トータルバランスのディーゼル、コスパ重視の2.5Lガソリン、走行性能まで求める2.5LターボとCX-8は充実のラインアナップになりましたね。

次期マイナーチェンジも期待でいっぱいです。

是非ディーラーさんへ試乗に行って見てくださいね!最高レベルの高評価の理由が分かるはず!!!!

ビバSUV!

あわせて読みたい↓↓クリック↓↓

スポンサーリンク

画像テキスト引用MAZDA公式HP

ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報