2017新型CX-5のCARVEL的おすすめグレード決定!XDプロアクティブ対XDLパッケージ比較!

2017新型CX-5のCARVEL的おすすめグレード決定!XDプロアクティブ対XDLパッケージ比較!

2017年フルモデルチェンジしたCX-5。2012年初代から日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、12年.13年ではSUV販売台数ナンバーワンになった人気SUV。そんな人気SUV車が満を期して2017年フルモデルチェンジ!

もちろん気になるのは、おすすめグレードではにでしょうか!?CARVEL的おすすめグレードを熟考の末決定致しました!

それは・・CX-5 XDLパッケージ!!

XDプロアクティブとの接戦を制し、価格・装備・燃費etc・・全ての面において満足感の高いグレードだと言える理由を見ていきましょう!

クリーンディーゼルVSガソリン比較

まずは、ガソリン仕様かクリーンディーゼル仕様か?

ディーゼル仕様を圧倒的に推します!理由は・・・

  • リセールバリュー
  • エコカー減税 免税
  • 燃費性能

上記の理由もありますが、やはり一番大きな理由は

【新型CX-5選ぶんだったらクリーンディーゼルでしょう!】

コレに尽きます笑はっきり言ってガソリン車を購入するメリットがありません。。

安全性能からPROACTIVE以上が絶対条件!

新型CX-5画像

安全性能のグレードによる違いです。

一目瞭然で、

  • PROACTIVE以上では、充実の安全性能

これは、絶対に外せない重要なポイントなので、必然的におすすめグレードはPROACTIVE以上に絞り込まれます!

XD-PROACTIVEかXD-LPackageかという選択!

新型CX-5おすすめグレード

絶対的に迷うのが、XDプロアクティブかXDLパッケージかという選択。。

色々な角度から見ていきましょう!

スポンサーリンク

価格の差と充実度のバランス

XDプロアクティブとXDLパッケージの価格を見ていくと・・

  • XDプロアクティブ|約300万円
  • XDLパッケージ|約330万円

グレード別で、30万円の差があります。結局は、XDLパッケージが30万円分以上の”魅力”を搭載しているか?って事。

安全性能・装備・オプション・インテリアの違いなど、総合的に見てXDプロアクティブを凌駕しているか否か・・・

インテリア・シートの違い

インテリアの違いとして大きなポイントは、シートの質!

XDプロアクティブは、スクエアメッシュクロス素材のブラックを採用

スクエアメッシュクロスブラックXDプロアクティブ

XDLパッケージでは、パーフォレーションレザー素材でブラック&ピュアホワイトの選択

新型マツダCX-5内装画像

新型マツダCX-5内装画像

ピュアホワイトを選びたい!ってなると、XDLパッケージが必須の選択になってきます。

質感・高級感共に、XDプロアクティブをXDLパッケージが圧倒していますね。

見逃せないのは、助手席&後部席の装備の違い!

XDLパッケージでは、運転席10WAYパワーシート&シートヒーターが標準搭載。

他に見逃せないのは、

  • 助手席6WAYパワーシート
  • 後部席・リアシートヒーター

XDプロアクティブではメーカーオプションで搭載することも可能ですが、価格が64,800円!

助手席の快適性、後部席に子供やお年寄りが座っているシーンに優しい機能になっているのでおすすめの装備ですね。

インテリアコーディネーションの違い

XDLパッケージXDLパッケージ

XDLパッケージに標準搭載されている、ニーレストパッド&ディテールデザイン

細かなインテリアコーディネートによって得られる高級感は計り知れませんね。。

XDLパッケージ XDLパッケージ

ステアリングヒーターにインパネデコレーションパネル。

こちらもXDLパッケージに標準搭載。

インテリアの違いも、細かく見えてCX-5を所有する喜びと満足感を大きく上げてくれる大切な要素でもあるんですよね!

 

エクステリア&ホイールサイズの違い

ホイールサイズは、XDプロアクティブとXDLパッケージともに19インチアルミホイールを装備。

エクステリアデザインの違いは、

ピラーガーニッシュ

XDLパッケージ

パワーリフトゲート

新型CX-5ラゲッジスペース荷室

共にXDLパッケージには標準搭載。ピラーガーニッシュ&パワーリフトゲートは合ってもなくてもいいなって方も多いかもしれませんが、価格差を考えるとXDLパッケージを選ぶ理由の1つにはなってきますね。ちょっとした贅沢感の積み重ねが、日々のCX-5ライフを向上させてくれますかね!

安全性能・装備の違い

安全性能はXDプロアクティブ&XDLパッケージは同じ!マツダが誇る安全性能をぎゅーっと詰まったCX-5。

XDプロアクティブ&XDLパッケージ共に標準搭載なのは、ドライバーやユーザーのために作られた車の証拠です!

i-ACTIVSENSE

i-activsense

危険認知支援技術

走行中にカメラで速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を促します。

 

PASSIVE SAFETY

PASSIVE SAFETY

前方・側方・後方からの衝撃エネルギーを効率的に吸収・分散してキャビンの変形を抑制する軽量・高強度・安全ボディ。基本骨格のストレート化、マルチロードパス構造、各部骨格の環状構造を基本として、衝突安全性能をさらに向上させました。

BASICSAFETY

basic_

LEDヘッドランプとフロントフォグランプ(LED)/リアフォグランプ

全車にハイビーム・ロービーム単眼式のLEDヘッドランプを採用。明るい白色光を放ち、省電力化にも貢献します。また、LEDのフォグランプをL Packageのフロントに標準装備。4WD車はリアのフォグランプを運転席側に備えています。

スポンサーリンク

まとめ ”外せない装備”おすすめグレードはXDLPackageに決定!

XDプロアクティブとXDLパッケージの価格差が30万円を考慮しておすすめグレードを選びました。

XDLパッケージがお買い得&満足感も大きくリードしていると判断しおすすめグレードとして決定しました!

外せないポイントとしては、

  • 白レザーが絶対条件
  • 内装の高級感が欲しい!
  • 細かな機能性を上げたい

この条件なら、間違いなくXDLパッケージがおすすめですね!!

逆に、レザーシートが苦手で細かい機能はいらないかな?って方はXDプロアクティブという選択肢もありだと思います。

欲しいなって思った装備としては、リアシートヒーター&助手席6WAY。

家族や友人・恋人などなど、CX-5に一緒に乗車する”人間”がより快適な空間へと変わっていく機能は是非欲しいな。。

いずれにせよ、完成度の高いSUV車といえるでしょう!ご参考までに!

ビバSUV!

スポンサーリンク

関連記事

画像出典・引用MAZDA公式HP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最高ランクのグレードに乗りませんか?

福之助
僕の愛車は現在どのくらいの価値があるの!?いい値段で売れるのだったら買い替えも検討出来るのになって思って。でも中古車ディーラーさんに行くのはめんどくさいんだよね!教えてよ
 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハリアーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク



コメント0
CATEGORY :
TAG :

*