新型CX-5のグレードによる内装の違いは?ホワイトレザーがかっこよくてしびれるぜ!!シート・装備などLPackageが群を抜いている結果に!

新型CX-5のグレードによる内装の違いは?ホワイトレザーがかっこよくてしびれるぜ!!シート・装備などLPackageが群を抜いている結果に!

新型CX-5の内装はやばい!!もうライバル車を寄せ付けないのでは???

そんな高評価を得ている、新型CX-5のインテリアデザイン。。

ヘッドアップディスプレイも搭載して、内装装備も充実した新型CX-5。。

2017新型CX-5の試乗・インプレ体験記!!

気になるのが新型CX-5のグレードによる内装の違いのポイントを見ていきましょう!

スポンサーリンク

新型CX-5のグレード一覧

新型CX-5画像

ガソリン車とクリーンディーゼル車、2WD・4WDがラインナップされています。

グレードを見ていくと

ガソリン車

  • 20S
  • 20S PROACTIVE
  • 25S|4WDのみ
  • 25S PROACTIVE|4WDのみ
  • 25S LPackage

クリーンディーゼル車

  • XD
  • XD PROACTIVE
  • XD LPacakge

ガソリン車は5種類。クリーンディーゼル車は3種類のグレード展開になっています。

では、気になるグレードによる内装・インテリアデザインの違いを見ていきましょう!

関連記事

スポンサーリンク

グレードによる内装カラー・シートの違い

グレードによる内装の違いで、気になるのが

  • シートカラー
  • シート素材

の違いです。インテリアデザインの印象がガラッと変わってきますからね。。

では、グレード別にシートカラー&シート素材を見ていきましょう!

XD PROACTIVE/25S PROACTIVE/20S PROACTIVE/XD/25S/20Sでは

  • シートカラー|ブラック
  • シート素材|スクエアメッシュクロス

要するに、LPackge以外ということですね。

画像がこれ↓↓

新型CX-5内装画像

25S&XDLPackgeでは、

  • シートカラー|ブラック・ピュアホワイト
  • シート素材|パーフォレーションレザー(本皮)

ブラック・パーフォレーションレザーがこれ↓

新型CX-5内装画像

ピュアホワイト・パーフォレーションレザーがこれ↓

新型CX-5内装画像

本皮シートを選びたいならば、グレード選びは必然的にLPackge一択になるという事なのです!!

ピュアホワイトの内装カラー画像はこれ↓

新型CX-5内装画像

新型CX-5内装画像

くうーーーーオシャレすぎるじゃないか~~。

ピュアホワイトに惚れ込んでしまったら、もうLPackageに決定なのです!!!

関連記事

LPackageだけが群を抜いている内装装備!

新型CX-5画像

とにかく、内装装備はLPackageが群を抜いて質が高いです!

  • ヘッドアップディスプレイ搭載
  • ステアリングヒーター搭載
  • 運転席&助手席にパワーシートを搭載
  • サテン・メタルウッドデザインの採用

などなど、LPackageの標準装備がヤバイくらい他のグレードを圧倒しています。

おすすめグレードの記事でも書いたように、PROACTIVEとの差がお値段以上。。

新型CX-5のおすすめグレード

細かな高級感をLPackageで堪能できるポイントとして、各所にLPackageだけの内装デザインがあります。

ニーレスパッド合成皮革&ステッチ付↓

新型CX-5内装画像

パワーウィンドウスイッチサテンクロームメッキ↓

新型CX-5内装画像

アームレスト合成皮革&ステッチ付↓

新型CX-5内装画像

LPackageの内装はマジでヤバイくらいかっこいいじゃないか!!

各所に散りばめられた、違いがラグジュアリー感をアップさせていますね!!

関連記事

新型CX-5の内装 口コミ・評価

新型CX-5内装画像

・コンパクトSUVの弟CX-3より一回り大きいマツダCX-5。評価は完成された存在感抜群のエクステリアと上質な内装。そしてスカイアクティブ技術によってもたらされた走行性能。クリーンディーゼルは環境性能・経済面でもハイグレード。マツダの逆襲を象徴するような一台との口コミ

・国産SUV人気ランキングでも上位に入るマツダCX-5!人気の秘密は上質な内装・インテリアデザインにもあるのです!インパネはシンプルに仕上げながらも、ピアノプラックを上手く使った、スポーティなデザインになっているのもうれしいですね。操作性や視認性も素晴らしいとの口コミも。

SDカードを購入すれば、カーナビとしても使用できる【マツダコネクト】7インチタッチ式ディスプレイとセンターコンソールのコントローラーは全車標準装備となっています。

関連記事新型CX-5のグレードによる見た目・エクステリアの違いは?

人気のインテリアカラー質感最高の白レザー

新型マツダCX-5内装画像

XD L Package/25S L Packageで選択出来るシートカラー【ピュアホワイト】。前作のCX-5でも話題を呼んだ白レザーも2017新型CX-5にも継承!!これは嬉しいですね。かなり評判もよく、白レザーシートを選んだユーザーは大満足だったって口コミを占めていました!

シート座面に本革を使用し、最高の質感を提供。マツダがCX-5にラグジュアリー感を求めている証拠です。白レザー・黒レザーシートはこれまでCX-5は・・って層にもアプローチ出来るのでは?カラーバリエーションは豊富ではないが、マツダの提案に納得できる。白レザー!XD/25SLパッケージで選択可能になっていますね。綺麗なピュアホワイトの本皮白レザーはCX-5を選ぶ理由にもなるくらいオシャレな内装カラーですね。

福之助は白レザーが好きだな。真っ赤なマツダレッドのエクステリアに白レザーの内装。乗り込んだ時の気分の良さと確かな乗り心地なんて最高じゃないですか?

関連記事

スポンサーリンク

上質な高級感の黒レザーも高評価!シックに決めたいなら

新型マツダCX-5内装画像

 

XD L Package/25S L Packageで選択出来るシートカラー【ブラックレザー】

エクステリアカラーを白で決めるなら、断然!内装は黒革レザー!内装の高級感がグッとあがりますね。レザーシートは絶対派にも好印象

関連記事新型CX-5の新古車・未使用車を買う選択肢はアリ!狙い目のグレード安く買う方法

Lパッケージ以外は、内装カラーはブラック一択の選択

新型マツダCX-5内装画像

素材は、スクエアメッシュクロスとなっていますね。レザーはちょっと好きになれないなって方には、高級感も合って綺麗にまとまった印象のシートデザインなので満足感も高いのでは!

関連記事新型CX-5の評価・口コミまとめ。ディーゼルへの辛口な評判ってあるのか!?

ロングドライブにも快適なシートポジション

新型CX-5内装画像

人間工学に基づいた着座姿勢を基本として、ロングドライブもゆったり過ごせる室内空間を追求しました。前席はセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせることで、左右のバランスがいい自然な着座感を提供します。後席ではリクライニング機構を採用し、より快適な乗り心地を実現。また長時間の乗車でも疲れにくいよう、ウレタン特性の最適化とともに人間の下半身の形状に沿った立体的な形状をつくり込みました。引用マツダ公式HP

まっすぐな姿勢で運転できる。。この当たり前を追求したのが新型CX-5のコックピットですね。

当たり前を追求する・・・これ大事なポイントだよね

しっくりとこない車に乗るのは、所有する喜びを半減してしまいますか。。うれしいこだわりですね!

関連記事新型CX-5の試乗レポートブログ体験記!後部座席の妻も大喜び。

コックピット・運転席

背もたれにかかる体圧を広く分散できる構造を採用するとともに、背もたれの上部・下部など場所に応じて剛性を最適化。これによって体幹をしっかりと支え、乗員の安心感と快適性を高めます。座面には人間が不快に感じる振動だけをカットする性質を持ったウレタンを採用し、より快適な座り心地を実現しています。引用マツダ公式HP

うんうんCX-5のシートの形好きです!乗り心地とカッコよさの融合。SUV車でありながら、まるでクーペに乗り込んだような雰囲気さえも!言い過ぎかな笑

ドライバーの足元にはゆったりとしたポジションが、取れるよう考えつくされた配置になっています。

XD L Package/25S L Packageでは、運転席10ウェイパワーシート電動調節タイプとなっておりしかも、2パターンのメモリー機能付き。なんとなんとメモリー機能はディスプレイと連動して調整も可能になっています。こだわっているなマツダさんよー!

関連記事新型CX-5の見積もりをやってみた!おすすめオプション&アクセサリーもご紹介!

助手席もこだわってまっせー!!

新型マツダCX-5内装画像

シート高を上げればSUVならではの見晴らしのよい開放感が高まり、下げれば乗り降りがより楽にできる助手席シートリフターを採用。L Packageの助手席には6Wayパワーシートを、その他のグレードにはラチェットレバー式シートリフターを標準装備しています。引用マツダ公式HP

CX-5は助手席にもこだわりがあるんだよねー

はいそうです。

XD L Package/25S L Packageでは助手席6ウェイの電動調節タイプを搭載しているのです。これは嬉しいですね。運転席にも助手席にも、乗車するみんなが楽しくなる車に仕上がっているのです。

関連記事新型CX-5のグレードによる見た目・エクステリアの違いは?

後部席にもリクライニング機能追加!

新型マツダCX-5内装画像

前モデルでは、リクライニング機能が無いことが欠点でしたが・・・なんとなんと

はい!新型2017CX-5では、後部席にもリクライニング機能を搭載してます。これで後部席でもリラックス間違いないでしょう!

関連記事新型CX-5のおすすめグレード決定!XDプロアクティブ対XDLパッケージ比較!

L Packageではリアベンチレーター、シートヒーターも搭載

新型マツダCX-5内装画像

アームレスト付大型コンソールボックスの後部に、エアコンの風向を調整できる吹き出し口を装備。さらに、リアシート(左右席)のシートヒーターは温度を3段階に調整できます。(標準装備:[リアベンチレーター(風向調整式)]全車、[リアシートヒーター]25S L Package、XD L Package)引用マツダ公式HP

うおおーなんて気が効くんだ!運転席、助手席、後部席と【乗る人間に快適を】これがテーマとしか思えません!

関連記事新型CX-5の馬力・サイズ・価格・国産・輸入ライバル車と比較!コスパ最高へ。

インパネ周りもスタイリッシュにキメちゃうよ

新型マツダCX-5内装画像

水平基調のコックピットデザインを採用することによって、開放感あるインパネ周りになってますね!

圧倒的におしゃれ感あるんだよなー

シフトレバー&センターコンソール

新型マツダCX-5内装画像

あららららら・・・スタイリッシュに仕上げてきましたね!僕これ・・・大好きです。。

いい意味で国産SUV車っぽくないね

新型マツダCX-5内装画像 新型マツダCX-5内装画像

かなりスタイリッシュでしょうよ!余計なコテコテのデザインより、圧倒的なオシャレ感がでています。

関連記事

ラゲッジ容量は505L!!!サイズは大満足

ラゲッジのサイズは、

  • 高さ|850mm
  • 奥行き|960mm
  • 奥行き(フラット時)|1810mm
  • 幅¥1030mm

容量が何と505L!!※サブトランクを含む。VDA方式

及第点以上・・・いや大満足のラゲッジ容量と言えるでしょう!!

ゴルフバック4つ!!ラゲッジ荷室の広さもGOOD!

新型CX-5ラゲッジスペース荷室

ラゲッジルームは定員乗車時もゴルフバッグ4つが入る容量505L(サブトランクを含む。VDA方式)を確保。12V電源ソケットを備えるほか、フロア下にはカーケア用品などさまざまな小物の収納に便利なサブトランクボックスを備えています。引用マツダ公式HP

これは嬉しいですね!ゴルフバック4つに、電源まであるとは!

しかーーーも床下収納まで装備しているなんて・・ラゲッジスペース充実していると言い切れます。。

パワーリフトゲートも装備!

新型CX-5ラゲッジスペース荷室

アドバンストキーのスイッチ操作でリアゲートを開閉する事が可能です。また、パワーリフトゲートにあるクローズスイッチで、使う方の体格などに応じて開度を調節できます。しかも小型・軽量でシンプルな開閉ユニットを採用し、質感の高いスムーズな動きと静かな作動音を実現しました。また誤って指などを挟むことを防ぐため、タッチセンサーをリアゲート開口部の両側に配置しています。引用マツダ公式HP

Lパッケージには標準装備のパワーリフトゲート女性にはもちろんの事、男性にも実は嬉しいんですよね!パワーリフトゲートがある事によって、荷物を地面に置かなくてもいいんです!

それに、パワーリフトゲート空けている時の満足感もCX-5を所有する喜びへと変わっていくのです!!

関連記事新型CX-5のおすすめグレード決定!XDプロアクティブ対XDLパッケージ比較!

CX-5は後部席も広い!リアシート4:2:4分割可倒式シートバック

後部席がどんな感じでレイアウト変更できるかというとこれ↓↓

いやいや便利すぎるでしょう!スノボ行く人、釣りに行く・・アウトドア派にも納得のレイアウト。自転車だって積めちゃいます!引っ越しのお手伝いとかにも呼ばれてしまう可能性も笑

車中泊はお手の物!電動スライドガラスサンルーフがヤバイ!

新型CX-5内装画像

車中泊に大切な

  • 広さ
  • 快適さ
  • 自在なレイアウト

全てにおいて、CX-5は車中泊も出来る!と言えます。車中泊マットをお持ちなら、後部席のレイアウトを変更すればゆったりと車中泊出来ますね。

ちょっと寝たいなって時も、運転席、助手席、後部席ともにリクライニング機能搭載しているので、快適な休憩も可能になっています!

メーカーオプションで電動スライドガラスサンルーフを付ければ大満足の室内空間を味わえるでしょうね!ディーラーさんで値引き交渉して、付けてもらっちゃって下さい(笑)

関連記事

スポンサーリンク

まとめ 内装はLPackageの一人勝ち!!

お値段以上のグレードによる内装の違いがありました。。

  • XDプロアクティブ|約300万円
  • XDLパッケージ|約330万円

その差は30万円。。。内装装備だけでも、LPackageがお買い得感満載かなと。。

 

新型CX-5の予約販売は、約50%が最上級グレードLPackageという事実。。

頷けますね!!

これだけ完成度の高い、内装を味わうために是非LPackageをおすすめグレードとさせて頂きます!

試乗の際には、必ずLPackageで試乗してくださいね!

ビバSUV!!

スポンサーリンク

関連記事

画像出典引用MAZDA公式HP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今スグ愛車の査定価格をチェック!

最高ランクのグレードに乗りませんか?

福之助
僕の愛車は現在どのくらいの価値があるの!?いい値段で売れるのだったら買い替えも検討出来るのになって思って。でも中古車ディーラーさんに行くのはめんどくさいんだよね!教えてよ
 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハリアーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク