ヴェゼル

次期新型ヴェゼルのフルモデルチェンジは2020年発売予定!新ハイブリッド&新エンジンとACCを搭載で新たな時代へ

新型ヴェゼルフルモデルチェンジ
スポンサーリンク

今回は新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報を見ていきましょう!

遂に来ましたな!ヴェゼルのフルモデルチェンジ

現行モデルは2013年とそろそろフルモデルチェンジが噂される時期に突入していきました。

新型フィットが2019年フルモデルチェンジを実施するので、新型ヴェゼルのフルモデルチェンジも秒読み段階に入っているのは間違いないでしょう!

では新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報を見ていきましょう!

記事のポイント

ここに本文を入力

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型ヴェゼル画像
新型ヴェゼルの値引き相場情報「2019年8月の目標は25万円~30万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!今回は新型ヴェゼルの最新値引き情報をお届けします。ワンランク上のグレードを手に入れられるかも! 現在購入を検討されている方...

ページ別目次

次期新型ヴェゼルのフルモデルチェンジは2020年発売

新型ヴェゼル画像

新型ヴェゼルのフルモデルチェンジの予定は、

  • 2020年を予定

同社ホンダの新型フィットが2019年11月にフルモデルチェンジを予定しているので、自ずとヴェゼルが続くと予想できますね。

ライバル車のジュークもフルモデルチェンジを実施するので、そろそろ続かいないとね。

ではフルモデルチェンジでの変更点を見ていきましょうか!

次期新型ヴェゼルフルモデルチェンジでの変更点

エクステリアは新型CR-Vが参考になる

まずはエクステリアから。同社ホンダの新型CR-Vがヒントになるでしょう↓

新型CR-V画像 新型CR-V画像

そして現行のヴェゼルがコレ↓

新型ヴェゼル画像 新型ヴェゼル画像

次期新型ヴェゼルもコンセプトはキープされるでしょうね。奇抜に攻めるメーカーさんじゃないので。。

スポンサーリンク

シーケンシャルターンランプを採用か!?

新型ヴェゼル画像

ライバル車のC-HRや同社新型N-BOXに採用されている、シーケンシャルターンランプはグレードによって採用されるかもしれませんね。

後部座席のドアハンドル「ピラーマウントドアハンドル」は廃止?

新型ヴェゼル画像

現行モデルのヴェゼルは、後部座席のドアハンドルに「ピラーマウントドアハンドル」が採用されています。

今となってはちょっと・・古さを感じるかも。。

はい(笑)。賛否両論は分かれると思いますが、フルモデルチェンジで廃止されるのじゃないかなと思っています。

新型ヴェゼル試乗レポート
【評価82点】新型ヴェゼルの辛口な口コミ評判は静粛性&後方視界にあり!トータルのコストパフォーマンスに高評価!新型ヴェゼルの評価・口コミでした。まとめると・・オリジナル評価は82点迷ったらヴェゼルを選べば間違いなしトータルバランスは最高レベル価格設定はコストパフォーマンスが高い室内の広さ&居住性は群を抜く乗り心地の硬さに辛口な意見も後方視界の狭さも要確認...

内装の変更点は居住性を「もっと広く」する

新型ヴェゼル内装画像

現行のヴェゼルは室内の広さにも定評がありますね。しかし・・フルモデルチェンジで「もっと広く」なると予想されています。ホイールベースを延長して居住性をUPするって噂ですね。

新型ヴェゼル試乗レポート
新型ヴェゼルの内装を画像(50枚)でレビュー!ジャズブラウンがオシャレ。グレードによる違いもチェックしよう新型ヴェゼルの内装を画像でレビューしていきました。まとめると・・グレードによる大きな違いはシート&内装色標準装備は充実後部座席はミニバン並!?ラゲッジ容量は393Lファミリーユースでも大満足グレードによる大きな違いは、おすすめグレードを選ぶ上でも重要なポイントになりますね。おすすめはジャズブラウン...
スポンサーリンク

新ハイブリッドは2モーター式の「i-MMD」へ

次期フルモデルチェンジで新型ヴェゼルに新ハイブリッドシステムの採用は間違いないでしょう!

同社ホンダの新型インサイトに搭載された「i-MMD」が有力でしょう↓

新型インサイトエンジン 次期ヴェゼルフルモデルチェンジ

一般的なハイブリッド方式とは異なり、効率だけでなく走りも愉しめる、HondaのSPORT HYBRID i-MMD。シンプルな構造で、シーンやシチュエーションにあわせて走りを使い分ける知能的なシステムです。

発電用モーターと、駆動用モーター。2つのモーターを駆使して、多くのシーンでモーター走行を実現。パワーと高い熱効率を追求しながら、静かで滑らかな加速感を提供。コンパクトに凝縮したエンジンで、革新的な燃費性能と、新しいドライブフィールをもたらします。

「i-MMD」は間違いないでしょうね!期待です!

新ハイブリッドシステム&エンジンのスペック

次期ヴェゼルの新ハイブリッドシステム&エンジンのスペックをまとめると、

エンジン
最高出力80kW(109PS)/6000r.p.m.
最大トルク 134N・m(13.7kgf・m)/5000r.p.m
総排気量1.496L
モーター
最高出力(モーター)96kW(131PS)/4000-8000r.p.m.
最大トルク (モーター)267N・m(27.2kgf・m)/0-3000r.p.m

現行モデルの「i-DCD」よりパワー&快適性もUPしますね。

3つのドライブモードも搭載

新型ヴェゼルドライブモード

燃費と走りのトータルバランスにすぐれたNORMALモード、省燃費で走るECONモード、伸びの良い加速感をもたらすSPORTモード、それぞれのモードでスイッチを押すと、モーターだけで走ることでエンジン音を抑えるEVモード。気分や状況にあわせて走りのテイストが選べるスイッチを採用しています。

新ハイブリッドシステム&エンジン「i-MMD」では3つのドライブモードが搭載されるでしょう。

EVドライブモード「モーターのみ走行」

新型ヴェゼルフルモデルチェンジ

ガソリンを一切使わず、モーターのみで走行するモードですね。

ハイブリッドドライブモード「加速をモーターでアシスト」

新型ヴェゼルフルモデルチェンジ

加速時にエンジンで発電したモーターを駆動。モーターで加速をUPしてくれます。

エンジンドライブモード「エンジンのみの走行」

新型ヴェゼルフルモデルチェンジ

エンジンの得意領域である高速クルーズ時のみエンジンの力で走行するモードですね。

1.0Lダウンサイジングターボの採用はあるのか!?

次期フィットで噂されている、1.0Lダウンサイジングターボエンジン。

  • 新型ヴェゼルにも採用されるのか!?

たぶん採用されると思いますね。パワーはそのままで、燃費も良くなると予想できます。

「ツーリング」の設定は残るのか!?

マイナーチェンジで追加された「TOURING」。次回フルモデルチェンジで残るのか!?予想は・・

  • 最初の発売では、ラインナップが無い

と予想しています。必要であれば追加する感じでしょう。

 

次期新型ヴェゼルの燃費は30.0km/Lオーバー

現行モデルのヴェゼルの燃費をまとめると、

ガソリン車2WD17.6-21.2km/L
ガソリン車4WD19.6km/L
ハイブリッド2WD23.4-27.0km/L
ハイブリッド4WD21.6-23.2km/L

ツーリング・ガソリンターボは17.6km/Lとなっています。

マイナーチェンジで新たに追加されたガソリンターボを含め3種類のエンジンラインナップになっています。

フルモデルチェンジ後は、

  • ガソリン|20.0-22.0km/L
  • ハイブリッド|30.0-31.0km/L

ほどになると予想できますね。C-HRを超えてくるのか!?注目でしょう。

スポンサーリンク

次期新型ヴェゼルの価格は若干UPする

あんまり高くなってほしくないな。。

現行モデルのヴェゼルの価格をまとめると、

ハイブリッド
HYBRID・Honda SENSING¥2,460,000~
HYBRID X・Honda SENSING¥2,539,000~
HYBRID Z・Honda SENSING¥2,710,000~
HYBRID RS・Honda SENSING¥2,810,000~

新型ヴェゼルハイブリッドの価格帯は¥2,460,000~¥2,810,000となっています。4WDもラインナップされていて+22万円ですね。

ガソリン
G・Honda SENSING¥2,075,000~
X・Honda SENSING¥2,165,000~
RS・Honda SENSING¥2,475,000~
TOURING・Honda SENSING¥2,903,040~

新型ヴェゼルガソリンの価格帯は¥2,075,000~¥2,903,040となっています。4WDもラインナップされていて+22万円ですね。

新型エンジン&安全性能の向上もあれば、

  • 次期新型ヴェゼルの価格は10万円~15万円ほど高くなる

と予想しています。どれだけ価格を抑えられるのかもポイントでしょう。

次期新型ヴェゼルの安全性能はサポカーSワイドに該当

新型ヴェゼル安全性能HondaSensing

現行モデルは「サポカーSベーシック+」に該当していますが、次期新型ヴェゼルの安全性能は「サポカーSワイドに該当」までアップグレードされるでしょう。

もちろんのこと、「HondaSensing」は全グレード標準装備となりますね。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。

誤発進抑制機能

不注意による急発進を防止し注意を喚起。

歩行者事故低減ステアリング

歩行者との衝突回避を支援

路外逸脱抑制機能

車線を検知し、はみ出さないように支援

渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール

適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。

LKAS〈車線維持支援システム〉

車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。

先行車発進お知らせ機能

停車時に、先行車が発進したことをお知らせ。

標識認識機能

標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

後方誤発進抑制機能

不注意による急な後退を防止し注意を喚起。

オートハイビーム

対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切り替え。

改善点の要望!後方視界をどうにか・・

ここからはフルモデルチェンジで期待する、改善点の要望です。欠点が少ないクルマなので、一つだけ↓

  • 後方視界の改善

ですね。口コミでも多かった、後方視界が・・やばい。。ってやつ↓

新型ヴェゼル後方視界

フルモデルチェンジで改善してほしいポイントでしょう!!

現行モデルの最新値引き情報!2019年8月

新型ヴェゼル試乗レポート

フルモデルチェンジの噂も出ているので、最新の値引き幅も拡大傾向にあります。

  • 25万円~30万円

となっています。モデル末期なので、今が狙い目でせすね。是非ディーラーさんにいって、値引き交渉も頑張っちゃいましょう!

新型ヴェゼル画像
新型ヴェゼルの値引き相場情報「2019年8月の目標は25万円~30万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!今回は新型ヴェゼルの最新値引き情報をお届けします。ワンランク上のグレードを手に入れられるかも! 現在購入を検討されている方...
スポンサーリンク

まとめ 優等生タイプから脱却を期待

新型ヴェゼル画像 新型ヴェゼルラゲッジスペース

新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報でした。まとめると、

  • フルモデルチェンジ時期は2020年を予想
  • 燃費は30.0km/Lオーバー!?
  • 「i-MMD」の採用は確実
  • 1.0Lダウンサイジングターボへ
  • 安全性能はサポカーSワイドへ
  • 改善点は後方視界

といった結果になりました。ロングセラーモデルとなっている現行モデルから、フルモデルチェンジは注目でしょう!

新型ヴェゼルは、いわゆる「優等生タイプ」のコンパクトSUVですね。シンプルなエクステリアデザインと、欠点が少ない装備&スペック。

フルモデルチェンジで何か「インパクト」がほしいのも事実です。SUVにもっと寄せるのか・・スポーティーに行くのか。。それとも正統派で攻めるのか。。

現行モデルも完成度が高いので、是非試乗に行ってヴェゼルを味わって欲しいですね。

また新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報があれば更新していきます

ビバSUV!!

新型ヴェゼルの全記事一覧
スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

 画像テキスト引用HONDA公式HP

スポンサーリンク

ABOUT ME
ちゃま助
ちゃま助
【カーコンテンツライター】数多くの車情報サイトやメディアで記事を書いています。モットーは【車が大好き】なこと。世界中の車を愛し、世界中の新車情報をお届けしたいという思い出執筆しています。どんな車にもメーカーさんの愛が注がれています。車種が持つ魅力をお届けしいきますね。あなたの素敵な愛車が見つかりますように!!!
あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
最新モデルチェンジ情報!

モデルチェンジ最新情報