新型アウトランダーPHEVインパネ

新型アウトランダー/PHEVの内装レビュー【コックピット・インパネ編】ガソリン車との違いは魅力的なシフトレバー!

今回は新型アウトランダ―PHEVの内装(コックピット・インパネ)をレビューしていきたいと思います。

PHEVということで最先端のSUVとして先を突っ走っているアウトランダーPHEVですから、その内装には期待感が高まりますね!

だね!期待値は高いよぉ!

さっそく見ていきますよ!

スポンサーリンク

新型アウトランダーPHEVのコックピット全体像を見る

まずは、コックピットの風景はどんな感じでしょう!?

アウトランダーPHEVコックピット

ほうほう。いいですね!シンプルにまとまってる印象。

ちょっと遠目でわかりずらいので、細かく見ていきませう。

ドアポケット部分もなかなか高級感があっていい感じだね。

中央のコンソールボックス↓

イルミネーションまで付いています。こーゆー細かいところは意外に重要です。

足場にもちょっとおしゃれな明かりが灯されます↓

いいね!思ったよりしっかり高級感は感じられるね!

実は今回内装をレビューするにあたり、新型アウトランダーの口コミ・評価の段階であまり内装面ではいい意見が聞けていなかったので不安だったのですが…(笑)

コックピットの雰囲気や設備は十分満足できそうですね^^

スポンサーリンク

新型アウトランダーガソリン車のコックピットとの違いは?

ちなみにガソリン車のコックピットはこんな感じ↓

アウトランダーガソリン車インパネ

大きな違いはないことがわかりますね!

一番の違いはなんといってもシフトレバーかな↓

ガソリン車のシフトレバーは普通のもの(しっかり高級感は感じられるけどね)ですが、PHEVはさすがに近未来感を感じさせてくれるデザインになっています↓

「ただのハイブリッド車とも俺は違うんだぜ!」っていうPHEVの自己主張を感じられるかっちょいいデザインになっております。

確かにかっこいいぜ~

関連記事 新型アウトランダーPHEVの乗り出し価格400万円台目標の見積もりをしてみた|ロックフォードのオーディオとオプションのAC電源は必須!?

新型アウトランダーPHEVのインパネはワクワクドキドキがとまらない

インパネ部分も細かく見ていきましょう。

メーター中央にレイアウトした4.2インチの大型カラー液晶ディスプレイに、さまざまなドライビング情報をカラーで見やすく表示します。

センターディスプレイはしっかりカラーで色々な情報を表示してくれます。

EV航続可能距離とかエネルギーフローとか新しい!ワクワクするわぁ~(笑)

欲を言えばヘッドアップディスプレイも欲しいところですが、今回のマイナーチェンジでも追加されませんでしたね。。残念。次回のフルモデルチェンジに期待です。

ナビゲーションシステムは秀逸もサイズは・・・

続きましてナビ画面です。

  • 7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション MMCS

高解像度・高精細WVGAディスプレイを搭載した、多機能メモリーナビゲーション。

こちらはGプレミアムパッケージとGナビパッケージには標準装備されています。

すげぇエアコン電力とかモーター電力とか全部わかるんだね!色々な使い方が出来そう!

ちなみにナビゲーション機能は、

遠方の目的地までの状況が把握できる「オンデマンド VICS」と、より早く目的地に到着できるルートを検索する「OpenInfo」を集約させ、精度の高い渋滞情報を提供する「テレマティクス機能」を搭載。

アップグレードは無料、しっかり高性能ナビが搭載できるということですね!

ちなみにナビ画面は7インチでガソリン車も同じサイズ感。欲をいえば最近の潮流にのってもう少し大画面でも良かったかも。。欲を言えば、、ね。

PHEV専用の機能としては、

EV航続可能距離、電力消費量など、PHEVに関するさまざまな情報を表示。充電スポットの地図データ更新も可能です。

PHEVならではの情報を一目でわかるように表示してくれて、ばっちりセンターディスプレイとも連携しています。

いいですね~。マジで このあたりは興奮しますね~!

関連記事 新型アウトランダー(PHEV)の新古車・中古車を買うという方法。お得に安くPHEVライフが楽しめる!?

スポンサーリンク

過酷な状況もなんのその!ヒーター機能が充実

せっかくのPHEVですから、遠距離のお出かけもしたいし、過酷な状況にもチャレンジしたくなるでしょう!そんなときに助かる優しいヒーター機能も満載でございます。

  • ステアリングヒーター

寒い日にステアリングを暖め、快適なドライブをサポート。暖房を控えてステアリングヒーターを使えば、駆動用電力の節約にも有効です。

はい、ステアリングヒーター搭載です。GプレミアムパッケージとGナビパッケージ、Gセーフティパッケージに標準装備です。

  • 運転席・助手席シートヒーター

クッションとシートバックをすばやく暖めます。暖房を控えてシートヒーターを使えば、駆動用電力の節約にも有効です。

フロントシートは両方ともシートヒーター設備あり、です。

  • 左右独立温度コントロール式フルオートエアコン

運転席と助手席で独立した温度調節ができます。車外からの花粉やほこりをシャットアウトするクリーンエアフィルターも採用。

長距離の運転も”レーダーコントロールクルーズシステムACC”(簡易的自動運転みたいなものね)も使いながらくつろぎの空間でストレス少なく楽しめそうです!

関連記事 新型アウトランダーPHEVの値引き交渉、裏技を3つ公開【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク

まとめ やっぱりオススメはPHEV!

以上、新型アウトランダーの内装(コックピット・インパネ部分)のレビューをしてきました。

アウトランダーガソリン車インパネ

新型アウトランダーPHEVインパネ

最新の設備が揃っているとは言えないまでも、PHEV車としての機能をしっかり詰め込んだワクワク感のあるコックピット・インパネでしたね!

そういった意味ではやっぱりガソリン車よりPHEV車のほうがオススメになるかな~

次は、内装でも後部座席(シートアレンジとか車中泊は可能なのか、とか)が気になるところです!

だって新型アウトランダPHEVでキャンプ行ったり、車での日本縦断旅行とかしたら絶対楽しいですからね~

それでは今回はこのへんで。まったね~

ビバSUV。

スポンサーリンク

新型アウトランダー 記事一覧

画像出典テキスト引用三菱公式HP

今すぐ愛車の価格を調べる

数社の見積もりを比較して最高額で売却しよう!
車を売るならカーセンサーへ!数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で買い取ってもらおう!売却したい車のメーカーや車種などをご入力の上、一括で査定のお申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも!他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報はもちろん、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です!五十音や都道府県から、お近くの買取店舗の情報を紹介することもできます。

新型アウトランダーPHEVインパネ
最新情報をチェックしよう!
>愛車を最高高値で売るならカーセンサー♫

愛車を最高高値で売るならカーセンサー♫

数社の見積もりを比較して最高額で売却しよう!車を売るならカーセンサーへ!数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で買い取ってもらおう!売却したい車のメーカーや車種などをご入力の上、一括で査定のお申込みができます。下取りより買取額が高価になる方法が見つかるかも!他にもメーカー、車種、ボディタイプ別の中古車の買取情報はもちろん、買取の流れや査定のポイントなど、初めて車を売る方も安心の情報が満載です!五十音や都道府県から、お近くの買取店舗の情報を紹介することもできます。

CTR IMG